株式会社Ggrow 新卒採用サイト

働く人を知る

大島 彩Oshima Aya

プロフィール

入社 2017年 中途入社
前職(大学) ITベンチャー人事
前職(大学) 大阪大学
趣味 マラソン
プロフィール文が入ります。プロフィール文が入ります。プロフィール文が入ります。プロフィール文が入ります。プロフィール文が入ります。プロフィール文が入ります。プロフィール文が入ります。プロフィール文が入ります。

去年より今年の自分が成長したと感じるとともに、 会社も少しずつ大きくなっていることを実感しています

目次

入社したきっかけは?

手掛けている施設に惚れ込み、この施設を使ってもらうための提案がしたいと思えた

前職の先輩がインフィールドに転職したんです。その人から、働き方や社風など話を聞いたことがきっかけで私もインフィールドへ入社しました。同業で働いていたため、お客様のイベントの成功にあたり、施設や設備の重要性を強く感じていました。もちろんサービスなどのソフト面も大前提として必要ですが、お客様のイベントの成功にあたり、「もしここに控室があったら…」「この位置のスクリーンは使いづらい…」など、どうしようもない場面に直面することも多々ありました。

一方、インフィールドは、施設の運営だけでなくデザインやコンセプトなど施工段階から手掛けているということを知り、入社前には施設を見学。今まで運営を行ってきた経験とお客様から吸い上げた意見を反映したうえで、その街での利用イメージをきちんと想定して作られた会場はとても魅力的でした。

常にお客様目線で考えているスタッフが多いからこそ、ここまで想いを込めた会場を作れるのだろうと感じました。また、社員さんが自信を持って案内している姿も印象的でした。それを見て、こんな人たちと働いてみたい!とワクワクドキドキした気持ちが後押しとなりました。

仕事内容は?

日々知識を吸収しながら、イベントサポートをしています

入社1ヶ月目

教育担当の先輩から、マンツーマンで会場の特徴やお客様へのヒアリング・ご提案方法などを教わります。下見の同席や、当日のケータリング業務をサポートしつつ、イベントの流れや会場の効果的な使い方などを現場で学ぶことも多いです。

経験豊富な先輩方にアドバイスをもらいながら、最近では少しずつ案件を持ちはじめました。1顧客1担当制でありながらも、難題には皆で悩み、最善を探るチーム力があるので、安心感を持ちながらも挑戦することができています。インフィールドは、新人の成長を喜び応援してくれる雰囲気があります。

現在

前職ではフロントスタッフが初期対応、サービススタッフがレイアウト作成や会場での対応をというように、対応する管轄が分かれていました。そのため、現場のレイアウト作成や機材配線等の業務に関しては、まだまだ疑問に直面することがあります。突然のトラブルや要望すべてに即対応ができるという強みを活かしきれるよう、早く一通りのイベントを1人で対応できるようになりたいと奮闘しています。働くメリットは何ですか?

数字を追う営業よりも、お客様のために行動や提案できる

もちろん営業の数字も会社にとって大切です。しかし、そのために設備投資や人件費コストを下げて、満足度を維持するのが困難になる、無理やり単価アップを図る、時には過度な値下げをして値崩れするというような案内の仕方は本質的ではないと考えています。

お客様1人ひとりと向き合い、自信をもって行動し、それが結果につながることに喜びを感じます。そして、この考え方は魅力的ですね。

Other

その他の社員インタビューのページを見る